駐車場経営のリスクヘッジ術

駐車場経営のリスクヘッジ術 駐車場経営はリスクヘッジになります。土地は持っているだけで遊ばせていては固定資産税や管理費などがかかるだけに終わってしまいますから何らかの形で活用することを考えなければなりませんが、十分な先の見通しもないままに不動産経営、例えばマンション経営などをしようとするのは大きなリスクを抱えることになります。そういう経営のためには当然大きな借入をしないといけないでしょうから、思っただけの収入が得られないと即座に返済に行き詰ることになってしまいます。
この点、駐車場経営の場合は、運営開始のためにたとえ借入をしないといけないとしても、不動産建設と比較すれば極めてわずかの投資で済みます。また、実際に運営を始めた後の段階でも、月々決まって必要になる固定費というのはさほど大きくありません。つまり、出て行くお金とか、返済しなければならないお金が少ない状態で経営することができますので、行き詰るリスクが少ないといえるのです。

駐車場は危険な箇所が沢山

駐車場は危険な箇所が沢山 自動車ドライバーにとって駐車場に入る時も出る時も、ヒヤッとしたこと経験をされたことがある人は多いのではないでしょうか。
自動車を運転していた場合には、自転車や歩行者と接触すればどんな理由であろうとも自動車側の過失は重くなります。ではどのような場所が危険な箇所なのか、これから幾つか挙げていきます。まずは車道から駐車場に入る所が危険です。自転車や歩行者を巻き込んでしまったり接触したりすることがあります。これを防ぐためには自動車ドライバーは必ず一旦停止をします。自転車や歩行者がいないかよく見てから、駐車場に入るようにしましょう。また逆に出ていく際にも必ず一旦停止をしてから車道へと出ていくようにします。次は屋内の駐車場ですがこちらは屋内が薄暗いこともありますので、歩行者に気付かずに接触してしまうこともあります。そこで屋内を走行する際には徐行運転で進んでいきくことが大切です。その際には、ヘッドライトを照らすようにしましょう。