駐車場経営時に失敗しないための保険

駐車場経営時に失敗しないための保険 不要な土地を活用する方法は多々ありますが、駐車場の経営がローリスクでオススメです。
実際に多くの方々が本業、または副業で駐車場の経営を進めており、安定した不労所得を得ています。
飲食店を経営すると人件費や光熱費やその他の税金が多く掛かりますが、駐車場の経営なら僅かな軍資金で開業出来ますし、トラブルやランニングコストが少ないので初めてビジネスを始める方々にも安心安全です。
都内は特に駐車場のニーズが高く、どの地域でも利用者が絶え間なく利用してくれます。
最近はIT技術の発達でセキュリティ面も低コストで整備出来ます。
ただ安定した需要が期待出来るビジネスではありますが、運営を始めた直後、天災やそれに関連する風評被害に巻き込まれ、想定の利用者数に達しないかもしれません。
万が一の可能性に備えて保険に加入しておけば対策が万全です。
事実、日本列島の気候は激しく変化しており、今までは災害に見舞われなかった地域が突然天災に襲われています。
地震保険や台風や水害、ゲリラ雷雨などを保証してくれるサービスに入れば、経営のリスクを上手くカバーできます。

駐車場の管理者に責任が及ぶケースはあるか

駐車場の管理者に責任が及ぶケースはあるか 他人に貸している駐車場の敷地内で何らかのトラブルが発生した場合、管理者がその責任を追う必要があるかどうかについては、ケースによって異なることがあり、一概に明示することはできません。
自宅近くの余った土地に砕石を敷いて周辺のアパートやマンションの住人のために月決めで貸し出しているといった一般的なケースであれば、通常は当事者間での土地の一部の貸し借りだけの関係ですので、管理者までもが有責となることはほぼないはずです。
しかし空港の近くで比較的長期の貸し出しをしている駐車場のように、顧客から自動車のキーを預かるなどして厳格に管理している場合には、民法上の善管注意義務が発生し、場合によっては管理が不十分だったとして損害賠償などの請求を受けることはあり得ます。
ほかに土地の工作物の設置管理上の何らかの欠陥が原因だった場合、たとえば看板が落下して車にキズを付けたようなケースであれば、形態にかかわらず責任は生じます。