駐車場経営のリスク

駐車場経営のリスク 近年増加し続ける駐車場経営を行い収益をあげたいという人も少なくないかと思いますが、駐車場経営のリスクという点も知っておく必要があります。
まず、利用者からお金が支払われないリスクです。
月極タイプの時には契約者からの賃料が滞納される恐れがありますし、コインパーキングの際にも空きスペースに勝手に車を止められて、不正利用される恐れがあります。
次に、駐車場内での物損事故や人身事故などの被害が起こる可能性です。
特に物損事故の場合はそのまま放置して立ち去ってしまうケースが多くみられるため、それを防ぐためには防犯カメラなどの設置も検討する必要があるでしょう。
地震などの災害に対する備えというのも欠かせません。
利用者が来なくなってしまったり、修繕の多額の費用がかかってしまう恐れがあるので、災害保険などの対策が必要です。
競合の駐車場が建てられることも考慮しておきましょう。
特に、近隣で大型商業施設の建設計画がある場合などは要注意です。

駐車場設置がデメリットになってしまわないために

駐車場設置がデメリットになってしまわないために 空いた敷地を駐車場に転用すると、建物を設置するよりも簡単かつ低コストで収益化を図ることができます。
ただ車に関することなので、アクシデントが全くないとは言い切れません。
また契約などの細かな点をはっきりさせておかなければ、利用する人とのトラブルにもなりかねません。
そこに金銭が発生して最終的に赤字となれば、わざわざ駐車場にする意味がなくなってしまいます。
そうしたデメリットが足枷となってしまわないように、事前にしっかりと対策を用意しておいた方が良いでしょう。
もちろん自分の手で敷地を駐車場にすることは不可能ではありませんが、専門的に事業として行なっているところに依頼するのもひとつの選択肢です。
場合によってはトラブルやアクシデントをカバーしてくれることもあるので、メリットとデメリットを天秤に掛けて選びましょう。
法律に関しては素人では対処が非常に難しいので、いざという時のために相談できる先に目星を付けておいた方が良いです。