駐車場経営は使いみちがない土地の有効活用だけでなく、資産運用の方法としてとても人気がある方法の一つです。
しかし、土地さえあれば誰でも始めることは難しないがために、簡単なことで躓くことが多いことも少なくありません。
もちろん、何事もなく運の良い方もいらっしゃいますが、一般的には独学はちょっとしたミスで行き詰まってしまうことがあるのも事実です。
ちょっとした失敗につながりやすい、基本的な内容を紹介していきます。

駐車場経営の失敗パターン

駐車場経営の失敗パターン 駐車場経営を行っていく中での失敗とは一体なんでしょうか。
立地の選び方や料金システム、どこの業者と提携するかという事だけでなく、近隣の相場などひとつひとつクリアしていかかなければならないポイントは数多く有るのではないでしょうか。
しかし、もっとも注意しなければならない失敗はやはり、利用されないということです。
立地もよく、料金も周りと比べて特別高くもない。
一見して何も問題がないのに利用されないというのは、殆どの場合に見つけるのが難しいケースでもあります。
例えば、立地もよくて、料金も抑えてみたが、作ってみたら出入り口が使いづらくて、駐車場の利用自体に結びつかないというケースです。
他のことに注意していていも、避けたいシチュエーションの一つですね。

駐車場経営で起こりやすいトラブルについて

駐車場経営で起こりやすいトラブルについて 駐車場経営をする際には問題が起こってしまうこともあります。
中でも最も多いと言えるのが料金についてのトラブルで、支払い期日までに賃料を支払われないということや、口座引き落としができないなど、料金延滞が挙げられます。
そのため不動産業者に管理業務を委託する場合も多くあります。
自営でコインパーキングを運営する場合には、ゲートを壊して強引に出車したり、正規の料金を支払わなかったりと言う不正行為もあり、防犯カメラや車のナンバーなどで不正行為をした利用者を、特定した上で法的な対応や警察へ相談することも必要となります。
駐車場は無人で経営されていることが多いためものを捨てやすい場所とされてしまうことがあり、駐車場整備や清掃面でのトラブル、ゴミや不法投棄などが問題となっています。
他にも駐車場の近隣住民との関係も大切にしなければなりません。
特に住宅街の中にある場合に関しては、排気ガスに関するクレームや自動車のエンジン音などにも配慮が必要になります。
業者に委託する場合も、思ったより稼働しないなどの様々な理由で、賃料値下げ交渉を行ってきたり、管理業務に不備があったりする業者と経営者がトラブルになるケースもあります。

駐車場経営関連リンク

駐車場経営で様々なメリットを